スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tete vs Fuji デジタル化戦争

 先日、新しい機材を購入した。
『Line6』のデジタル・ギターエフェクターM9。
空間系やフィルター系、モジュレーション系のどぎついエフェクト満載で、簡易レコーディングもできるという、優れたおもちゃ。
そいつを意気揚々とスタジオに持ち込み、この時しか使わないであろうどぎついエフェクターを使い、
本日のスタジオのメンバーの興味は根こそぎゲットかと思われた。

 ちょうどリバースディレイでウアウアやって皆の好奇の視線を集め、物欲メータが満たされようとした頃、彼がやってきた。
ヴォイスは上へ、話題は下へのFuji氏だ。

 大きな箱のような物を重たそうに持って入ってくる。
しかしその表情はまるで、探し求めていたビデオが手に入ったかのように昂揚感を隠し切れずににやけている。
持っている物はどうやらアンプのようだ。
VOXライクなキャビネットには、『Line6』とロゴプレートが張ってある。
当然皆の視線は一斉にそちらへ奪われる。
僕のつまみを弄る手は止まり、むなしくディレイの残響だけが部屋に響く。

 完全に食われた。
物理的なインパクトもその機材の性質からも勝ち目はない。
『なぜ1週ずらさない』と心でつぶやきつつも、とりあえず『いくらしたのか』などと儀礼的な質問を投げかけるのが精一杯だった。
まったくおいしいところは持っていく男だ。そういう星のもとに生まれているのだろう。
しかしそういう苦々しい気持ちも、うれしそうな彼を見ている内に徐々に薄れ、すっかり兜を脱ぐような気持ちになった。

 が、そのとき彼は僕のニューアイテムを見てこう言い放ったのだ。
『あ、それ買ったんすか?それもうオークションで○○○○○円で売ってますよ。』

 もう一度兜をかぶり直さねばならぬようだ。

 次回TateFujiのライブでは、そのような男の意地と誇りをかけて挑むつもりだ。
どちらのギターサウンドが優れているか判断しに来てほしい。

(Tate)


2010/02/13
18:00@心斎橋club wonder
料金: 1500

ACT:TateFuji,ヒダリ,Songbird,橋口なつこ(Concentrate on popping)
スポンサーサイト
ライブ情報
2010.5.8(土)
南堀江knave
open 18:00/start 18:30
ノギ茶漬け
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

タテフジ

Author:タテフジ
立岩知也(VO、G)、中藤世以(VO、G)、西村賢爺(Ba)、福島賢一(Dr)、山本薫子(key)によるpop職人見習い5人組。

Discography
1st minialbum先行発売開始!

TateFuji参加コンピレーションアルバム
リンク
MySpace Japan
音源試聴できます

MySpace Japan

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。