スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

macbook物語 (完)

カプリコ(イチゴ)を完食し別腹が満たされたのか、やっとある考えが浮かんできた。
SKTを消費せず、macbookを修理できる方法が。
実はその方法に薄々気づいてはいたが、無意識に思考の外に追いやっていた。
なぜなら、それはSKTを消費せずに済むが、MDK(メンドクサ)を消費してしまうからだ。

SKTとMDK。
文明を急速に発展させてきた2大感情エネルギーに違いないが、この場合両雄並び立たず。
そしてすでに、このバッテリが届くまでにSKTを消費しているため背に腹は変えられない。
MDK大量消費の覚悟を決め、風吹きすさぶ中、アップルストア心斎橋店へと向かった。

無機質で金属質なグレーの壁に大きな白い林檎マーク。
まるでmacそのものな建物の中へ、さながらウイルスのように侵入した。
GENIUSBARの高い椅子に短い足を無理に組んで座り、
コールセンターでもらった問い合わせ番号を告げた。
佐藤竹善をほっそりとさせたような青年がさわやかな微笑をたたえながら、
『まずは検証用のバッテリで起動するか確認してみましょう』と検証用のバッテリを装着。
装着後、すかさず細竹善の指がパワーボタンに伸びる。。。

ここで起動しなければmacbook本体の異常である可能性が大。
mac本体が入院となるのは避けたい。
SKTとMDK、さらにはYENまで消費する可能性がある。
なんとか、『バッテリだけの問題であってくれ』
祈るようにパワーボタンを押す細竹善の無情な指先を凝視する。

初めて座薬を入れるとき以来の緊張が走るが、むろん表情には出さない。
むしろ、少しうわの空を装い、見当違いな器の大きさをアピールし始めたその時、

『ジャーン!』

MAC OSXのシンプルな起動音が鳴った。
『起動した!起動した!macbookが起動した!』
クララが立ったときのハイジのごとく叫びたいのをぐっとこらえ、
アップルストアにふさわしい涼しげな微笑で答えた。

以上のような経緯で我が愛機macbookは、本体に異常のないことが確認され、
動作確認済の新品バッテリに交換してもらい、晴れて健康体となった。

その晩、僕が発熱と吐き気に苦しんだのは、SKTやMDKの消費とは全く関係がない。
(病み上がりの甥(3)に顔をぺろぺろと舐められたことが原因だと睨んでいる。)
080126_1402~02


終わり。
スポンサーサイト

我が家の窓からはこんな感じでした。


SN310880.jpg


しかし、雪が降るとさほど寒さを感じないのはなぜでしょう?
僕だけ?

2/3 ハードレイン

初のハードレイン。
来て頂いた皆様、どうもありがとうございました。

かわらともみ・丘本浩一のご両人はうたがうまかった。
かわらさんの『電線』のうたが頭から離れない。『でん~せん~でん~せん』。電線ウーマンとは彼女のこと。

マーマームーは相変わらずの天才っぷり。あんなギター弾きながらよく歌えるなあと感心する。
一度じっくり音楽的バックグラウンドを探ってみたい。そして勝手に納得したい。

我々TateFujiは元エレクトリック・ギュインズ、現タナカズ(メンバー全員、田中姓)の田中成道君がキーボードを弾いてくれた。
普段はAV男優のような彼も、新曲『ふたばのころ』ではその指先がビリー・プレストンのように見えた。
『SHE IS...』ではミッキー吉野のような素敵で知的なプレイが冴え、
『ブロークンワイパー』では北川悠仁のように腰をくねらせてタンバリンを振ってくれた。
『シアワセノック』ではキース・エマーソンのようにキーボードスタンドごとぐいんぐいん揺らし逆方向から鍵盤をたたいた。

それはたぶんやっていなかった。いや、エマーソンはやってなかった。
絶対やってなかったと誓えるが、『やってたで』と言われても頭ごなしに怒鳴りつけることができないほどの熱気が伝わってきた。
それほど彼のプレイはあつかった。久々に汗だくのライブだった。
実際は照明で暑かっただけかもしれない。
しかし今回はたった2回だけのリハーサルで全曲プレイしてくれた彼に畏敬の念を抱かざるを得ない。
食後のデザートにプロテインを飲んでいるだけのことはあると思った。
次回はもっとアレンジを煮詰め、さらに彼の魅力を引き出したい。

          成道君
          ↓↓↓
080203_1739~01

ライブ前に露天神社(お初天神)でおしるこをいただききました。
ライブ情報
2010.5.8(土)
南堀江knave
open 18:00/start 18:30
ノギ茶漬け
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

タテフジ

Author:タテフジ
立岩知也(VO、G)、中藤世以(VO、G)、西村賢爺(Ba)、福島賢一(Dr)、山本薫子(key)によるpop職人見習い5人組。

Discography
1st minialbum先行発売開始!

TateFuji参加コンピレーションアルバム
リンク
MySpace Japan
音源試聴できます

MySpace Japan

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。