スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20SKT

充電しなさいというゴンスケの助言は当を得ていた。
自己放電、出荷時には未充電。十分考えられるというよりも当然のことのように思えた。
自分の浅はかさに赤面し、誰もいない部屋で照れ隠しに『マイシャローナ』を口笛で奏でながら、無造作に転がっているMagSafe電源アダプタを手に取り本体に吸着させた。
さあこれで万事OK。『お腹がすいただろう。たくさんお食べ。』
とおっさんの中のわずかな母性が目覚めたかのように、
やさしく包むような潤んだ目と濃いひげで愛機を見守った。
すぐに電源コネクタ上のゴマ粒ほどのLEDが緑から赤に変わり充電開始。
。。。のはずが、LEDの発光色は一向に変わらない。

ラクダの頬は赤に変われども肝心なLEDは緑のまま。
それどころかメニューバーのバッテリマークに×印が。
バッテリを認識すらしていない。完全に状況は悪化。。

電気製品運のなさと、この際、思い通りにならない世の中への腹立ちのあまり、
低いうなり声をあげ、下唇を突き出し、白目をむいて幼児退行が始まりかけたが、
『不具合憎んで、アップル憎まず。』
という有名なお奉行様の言葉を思い出し、何とか落ち着きを取り戻した。

そして再びコールセンターへ電話。
コールセンターの(青木ではない)方から得たのは、
『再度バッテリをお送りしてそれでも認識しなければ、本体をお預かりすることになります。』
という予想通りの回答だった。

しかし、バッテリが送られてくるのを待ち、もしまた認識しなければ。。。
せっかちさは年々衰えているものの、セロテープがめくれないもどかしさを1セッカチとすれば、この事態は約20セッカチに値するだろう。
そんな高SKTに耐えられるわけはない。何とかしなければいけない。
カプリコ(イチゴ)を口いっぱいにほお張りながら、次なる打開策を模索していた。


080128_1153~02


再び長いので続く。

TateFujiに強力な助っ人が加入!
元エレクトリック・ギュインズのこの方です。
2月3日 ハードレインでは5人編成のTateFujiをお見せする予定です!

スポンサーサイト

ライブ告知

2/3(日) 梅田ハードレイン


    立藤/かわらともみ/丘本浩一/マーマームゥ
    18:30 / 19:00  ¥1800 / ¥2300


   tatefujiでは初のハードレインです。対バンも良いですね~。

   マーマームゥとは約1年振りくらいでしょうか?

   楽しみです!



チケットご希望の方はこちら

      




    

ゴンスケの助言

下の日記で無事無償交換となった我が愛機macbookのバッテリが今日、福山通運によって届けられた。
平静を装いながらも鼻腔の広がりを抑えきれない。
3○年間書き続けてきたにもかかわらず小学生の頃とまるで変わらない筆跡で手早にサインをする。
しかし、いくつになっても新しいアイテムは僕の心を躍らせる。
物欲から開放されるときは来るのだろうかと不安になりつつも、新しいバッテリの包装を、指輪の魔力に取り憑かれたスメアゴルのように血走った目をしながらはがす。

バッテリーは構造上外装と一体のため、本体と色合いが少し違うが、そこまで気にしない。(本体が黄ばんでいるだけ。)
macbookとさほど変わらない買値で親戚から購入した愛車’92GOLF?の洗車を1年以上していない僕としては、まったく気にならないレベル。
バッテリとしての役割を果たしてくれればそれでよい。本来の役割を果たしてこそ美しい。
機能美こそは最高の美。。。
自己陶酔の真っ只中、うっとりとしたラクダ目でバッテリを差込み、十円硬貨でしっかりとロックする。

電源ボタンを押す。。。

macbookは静寂を保っている。。

押し損ねたかともう一度押す。2度3度押す。。高橋名人のようにあごを突き出し、16連射してみる。。

依然、macbookは静寂を保つ。

頭の中を数々の奇天烈なapple 伝説が蘇る。
自慢のラクダ顔がこわばる。。

聞こえて来るのは我が家唯一の暖房器具、1120wセラミックファンヒーター『ゴンスケ』の電力供給に対し忠実に働く機械音のみ。

が、そのとき温風を吐き出す音に混じって『ゴンスケ』がささやいた。。気がした。。
『電圧が発生しないのに、彼は起動するわけにはいかない。それでは自然界のおきてに反する。』

『まずは充電しなさい』と。。
080125_1758~01


長いので続く。

ゼブラ

愛機macbook(まだ名前は付けていません)にバッテリ駆動時、急に電源が落ちるという不具合が発生。
macbookにしっかりACアダプタを挿し、インターネットの世界をさまよっていると、無償のバッテリ交換プログラムがあることを知り、早速アップルサポートに電話。
待つこと5分ほど。

若くはなさそうだが、フレッシュ感漂う女性の声で、
『大変お待たせいたしました。ただいまから私○○がサポートプログラムを進めさせていただきます。』
と確か、こんな感じでサポーティング・スタート。
終始、目力ならぬ声力を受話器いっぱいにみなぎらせて、
ちょっとこっちが気恥ずかしくなるほどに丁寧な対応。
僕の頭の中では、彼女の顔は青木さやか。

アルファベットと数字が交じったシリアル番号を伝え、青木がそれを復唱。
『確認のため復唱させていただきます、、、東京のT、ジャパンのJ、』
『あ、そこZです』
『あ、、!失礼いたしました!ジャパンのJではなく、ゼブラのZでございますね!』
ゼブラかあ、、ちょっと分かりにくいんじゃないかなあ?
ドラゴンボールZのZ。Zガンダムの。。マジンガーZの。。あ!ZZtop。。。古。。

『やっぱりゼブラがベストチョイスだね、さやか!』
とは言えないままに、無事無償交換となりました。
よかったです。

SN310850.jpg

買うと15800円也。

引越し

我が家の貴重なタンパク源ではなく、かわいいペット『stag beetles』。
ジョン ポール ジョージ リンゴ エプスタインの引越しがすみました。
かぶとは10匹同居ですが、クワガタは菌糸ビンという特殊な土が入った容器に1匹ずつ入れます。
これに入れておくと大きく育つらしいのです。
はやく大きくな~れ。
080115_1657~01
新居

080115_1638~02
威嚇するエプスタイン

080115_1653~01
もぐるジョージ

ムジカジャポニカ 

昨日は久しぶりのムジカジャポニカでライブ。
来てくれた皆様、本当にありがとうございました。

対バンはシャッター・アンド・ラブとエヴリデイ・ピープル。

シャッター・アンド・ラブには我がTateFujiのドラマー、『ミスター良さそうな子』健ちゃんがカホーンで参加。
カホーンがシャッターの優しい曲にすごくマッチしていて、コーラスもばっちり。
見た目もなんかいい感じ。違和感なく収まってる。紅一点。。じゃなくて黒一点。メガネひとつ。
とにかく胸の内がぽっと暖かくなるような素敵な演奏でした。

トリはエヴリデイ・ピープル。
緻密なコードワークで完成された楽曲と僕の2倍はあるであろうボーカル中瀬さんの身長に驚愕していたのですが、曲はすべてドラムの寺田さんが作っているとのことでさらに驚愕。
しかも結成15周年だそうで!
なんだか感動のあまり、ベタベタ触ってしまいました。スイマセン。。

ライブ後は例のごとく自制心のかけらもなく飲みまくり。
『コンパデスカ?』と分けのわからない事を言って、僕たちが飲んでいたテーブルに迷い込んで来た謎のテキサス出身アメリカ人アーサーと大盛り上がり。
小さな名刺を皆に配っておられました。
最後はハグしてお別れ。
日米の友好を深めておきました。
080113_2320~01

アーサー。ごはん。朝ごはん。。。。?

不意打ち

僕はうまいものを食うと、油断している舌に不意打ちを食らわせられて、
普段『ラクダ目』といわれている目がカッッと開きます。

いただきもののお菓子がテーブルの上にあったので、ひとつ口に入れてみました。

カリっとかじった途端、『今なら透視できる!』というほど両の目がカッっと開かれ、
そして次の瞬間、口の中にほのかな甘さを残してそれはスッと消えてしまいました!
なんというはかないうまさ!しかも7粒しか入ってない!
あと6粒。。一粒ずつ6日間。。2粒ずつだと三日間で。。一日置きに。。週末に。。大安。。友引。。楽しいお菓子計画。
しかし、無限に広がるお菓子スケジュールに没頭するあまり、すでに4粒が舌先に楽しい思い出だけを残して僕の胃袋の中へ消えてしまっていたのです。

すんでの所で助かった残り2粒を涙ながらにまじまじと見ますと、
食べる前はハトのふ○のようにしか見えなかったものが、いまや白い宝石のように。。。
いや、やっぱりハトの○ん。。。

この見た目と味のギャップもまたよいのです!
080111_1832~01



明日は扇町ムジカジャポニカでライブです。
出演は1番目なので19時からです。
ぜひご来場ください!

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
久々のブログ更新です。
別に忙しいわけでも、パソコンが故障したわけでも、
有権者への挨拶周りをしていたわけでもなく、
TateFujiの根幹を成す精神、サボタージュの精神にのっとって更新を怠っておりました。
こんなことではだめですね。
僕の脳は干からびて干し柿のようになるばかりです。正月らしく。
干し柿にうるおいを与えるべく、今年は書きまくることでしょう。

昨日はワンドロップで今年初のライブ。
来ていただきました皆様どうもありがとうございました。
いつもながら、無理やりバンド編成でご迷惑をおかけしましたが、
マスター今年もよろしくお願いします。
ミヤゾラのお二人、ワールプールの宮田さんとも楽しく飲めてよかったです。

今週の土曜日はムジカジャポニカです。
新曲やります!
『ふたばのころ』という後期ビートルズやジョン&ポールのソロを意識したようなスローな曲です。
ぜひお越しください!

1/12(土) 扇町ムジカジャポニカ

    『唄凛々』   

    エブリデイピーブル/シャッター&ラブ/TateFuji
 
    1800円/2000円

    大阪市北区神山町1-24
    扇町ビル101
    梅田 ムジカジャポニカ
    tel:06-6363-0848
    (全線/梅田駅から泉の広場M10出口へ)
    (堺筋線/扇町駅からA2出口へ扇町公園抜けて)

チケットご希望の方はこちら
 
ライブ情報
2010.5.8(土)
南堀江knave
open 18:00/start 18:30
ノギ茶漬け
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
プロフィール

タテフジ

Author:タテフジ
立岩知也(VO、G)、中藤世以(VO、G)、西村賢爺(Ba)、福島賢一(Dr)、山本薫子(key)によるpop職人見習い5人組。

Discography
1st minialbum先行発売開始!

TateFuji参加コンピレーションアルバム
リンク
MySpace Japan
音源試聴できます

MySpace Japan

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。